2017年12月12日

回文章

ひさびさ回文「KISS が好っき!」

陰陽の2、五行(木火土金水)の5、十干の10、干支の12…この4つの数字が複雑に絡み合うので非常にややこしや。自分が「丑年」や「巳年」の生まれは知っていても、それが「かのとうし」か「ひのとうし」か…分かってないのが普通?
たぶん甲子園球場は「甲子:きのえね」の年に建てられたんだろうな。ばあちゃん銀座は巣鴨・庚申塚そば。古くは戊辰戦争なんてのも。昔の人たちは日常で使っていたのだろうか。それとも今同様に「学ある」人らだけのことだったか?(ん?庚申塚の庚申は…「方向」?それとも「時間」?)
よー分からんが、たしかなのは今年が「丁酉:ひのととり」。昭和32年から一周したわね、あたしゃ還暦とな…。亡くなった佐野邦彦さんも同い年。年明けに佐野さんとこ伺って還暦祝いをささやかにやろうかと思っていたのに…。

posted by denny_0980 at 09:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

ムベナールを肩に貼る

オリムピック・キャラ三案、なんとも品格無きことよ。ゲームキャラまがいは、「日本て今は世界で<アニメでcool>つうてウケてっぺな。だばこれでキマリだっちゃ」…クールのくの字も分かっちゃいない役所のオバカ全開だべ。オリムピックは保育園の遊戯会か? こどもが減ってジジババばかりと嘆きながらこの幼児化は…。
「東京オリムピック」、前の。公式ポスターは亀倉雄策大先生の作_凜とした大人の実力つうか、世界にアピールするだけの品格に溢れてましたがな。映画『東京オリムピック』市川崑監督作、大歓声と興奮の絶叫をあえて静寂の中に表現した…これまた大人作品でしたよ。つまりは、{近頃はなってねぇ!昔は良かった…}_老人性ノスタルジア・シンドロームにずっぽり冒される当方であるワイ。今日で還暦…むべなるかな。

posted by denny_0980 at 22:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクセス懐石

そうかぁ〜、エンジェルズか…大谷。個人的にはパドレスを選んで欲しかった。
パドレス、ネチるに69年エクスパンジョン組のひとつ。当方の一番印象はドジャーズから移籍した Mr. Handsome スティーヴ・ガーヴィ活躍。それとトニー・グウィンだな。
 MLBは、名門チームがロゴを変えないのに新興チームががんがん変える難あり。パドレスも…たぶんこれが創設時からだっただろう、印象深くてイイんだがなあ(戻さないか?)。


パドレ.jpg

フランシスコ・ザビエルみたいな? カトリック教神父(パドレ)がバットを振り回す絵柄は、コミカルで味があったわ。このノホホン感覚がノッポの大谷にハマる気がしていたわけで(_今のは違うけど)。メジャー南加チームのなかでもとびきり南、暖かいし。
ま、エンジェルズでもいいか、カリフォルニア超特急=ノーラン・ライアンのチームだからな。
しかしこのチーム、エンゼルスかエンジェルスか表記に迷うのが難。当方はエンジェルズ。チャーリーズ・エンジェルズ


posted by denny_0980 at 08:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

なみだのりくえすと

ic-70.jpg


これこれこれよ、東芝ラジオ IC-70。"IC"、 "70" ともにカッチングエッヂだった時代、万博70の頃にこのラジオで深夜放送を聴き出す。そこで、糸居五郎さんなんだが…いや聴いたことはある。が、熱心なリスナーにはならなかった_のは、ひと世代上の大御所という印象からかな。オールナイトニッポンはやっぱ亀淵カメchanだね。ミカ・バンドのレコーディングに入ったり、『music life』に書いたりしていた、ロック世代として身近な存在のDJでした。文化放送は土居/みのが嫌いで(ハローパーティ以外)聴かなかった。TBS「パック」、ナッチャコ…でもないな、やはり林美雄。「苦労おおかるローカルニュース」!、分かる者は分かる。和物の音楽センスの良さは語り種だろうミドリブタ・パック。馬場こずえも忘れられない。
 TBSでは日曜午後のワイドが若山弦蔵と八木誠で。とくに八木マコっちゃんは一番すきなDJであり音楽評論家だった。音楽誌でのマコっちゃんの推しレコはかなり買った記憶。忘れられないのは「イチにダンヒル、二にダンヒル、三四がなくて…五にダンヒル!」のフレーズ。ダンヒルをめっちゃ押していた人。当方も買いましたヨ、日本のみのヒットとなった「ペイン(恋の傷跡)」はマコっちゃんが作ったヒット_グラスルーツ。




https://wmg.jp/artist/itoi-goro/discography.html

『DJ Goro's Golden Radio Hits Go Go Go!』
当方入魂図画制作盤
3W同時発売 個人的購入大量希望

posted by denny_0980 at 20:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

コメント

難しいところ_つくづく考えてしまう。贔屓アーティストのすべてを聴きたい気持ちも分かる。が、デモ…人前に出さない前提で作っていた音を開陳する意味は? 物による、素晴らしいデモも確かにあるのだ。が、このように「聴かなきゃよかった」物も…。天才ステファンの、才能のほんの一端は触れられるとはいえ、こりゃ「ない」。後にオフィシャル音源として素晴らしく仕上げた音があるのだから、それで満足すべきだった。あのライノにしては酷なリリースじゃないか。それにしても、判らない_ステファン自身がOKした? それでなけりゃ出なかっただろう…ならばどういうつもりのOKか、金銭的困窮からなら悲しすぎるが…。
『Just Roll Tape』https://youtu.be/4MdKrN9VKMU

posted by denny_0980 at 08:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

めるまが登録

チアリーディングの大会での審査項目に「目の輝き」というのがあるらしい。目をキラキラさせての満面の笑顔…基本中の基本だそうな。あれだ、シンクロ…同じだな。
 まあチアリーディング大会はまず見ることないから、オリンピック種目であるシンクロはスポーツニュースとして目にすることが多いが、その満面の笑み≠ェ当方などはどうにも気持ち悪くてねぇ。凜と口を真一文字に結んで演技したらダメ? そのほうがいいと思うがなあ。

+++

英吉利(愛蘭か?)ビール企業の片棒を担いでなにをはしゃぐ?「ギネス記録」っての。フランス・タイヤ会社の「ミシュラン・ガイド」。どちらも企業宣材にすぎないのに、なんの権威と勘違いしているのか、日本人様。フランス人に寿司の善し悪し語られて恥と思わないかねぇ。ほんと、賞やら勲章に弱い弱い。ノーベル賞とて米国あたり、取り過ぎてて一般では気にしてないんちゃう? 学者の間の話題では…。ヨー知らぬけど。

posted by denny_0980 at 08:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

many rivers to cross

むむむ!フリーテルが民事再生法?_やっぱ格安スマホやばい??
ソフトバンクのiPhone止めて、biglobe で Huaweiケータイへ乗り換えた当方だが…。そのビッグローブも最近になってTVCMを打ち出した。それ見て、経営順調なのか悪化ゆえの悪あがきか判断しかねているんだが。なんでも「格安」は100万契約を取れてトントンになれるそうだが、ビッグローブでも半分行くか行かないからしい…9割方で苦戦とどこかにあった。頑張ってくれよなあとしか胃炎。

++++++

現役の芸人が審査員て…なんたら「グランプリ物」特番、おかしくね? お前のほうがつまらないのに若手を評価?_の突っ込みに何と答えるか。芸事は辞めて評論家一本でいく覚悟ならばそれも認めようが。下手な権威顔するよりもひたすら芸を続けることがおたくらの「なりわい」ちゃうの。それにしても「わろてんか」で転がす現状、大阪弁ばかり…笑芸のジャニーズですかい?


posted by denny_0980 at 17:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東武電鉄

山下達郎の特番「ライヴ/トークショー」。そうですかい、アコースティックセットでは「城北トリオ」とな。当方、高校が城北(私立。当時は都立にも城北があった)なんでね、変な感じ。ここでいうのは城北地区でしょ。第四学区。
 池袋生まれ、越した先は東武練馬と聞くタツロウ氏。大山生まれで引っ越し先が鶴瀬。鶴瀬は埼玉だが、上板橋の高校通いだった当方はタツ氏とかなり近かった_城北組/東武東上線組。
 まそれに、これは自慢で散々云ってきた_タツロウはアマ盤『add some music to your day』から聴いているのヨ(それを録音した成増の並木氏宅ガレージを、毎朝高校に通う車窓から見ていたよ)。それも東上線組だからのこと。

posted by denny_0980 at 09:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

蓼食う虫

・こう言ったら誤解されるか_north korea にはミサイル開発を頑張って欲しい。いままでの実験の「成功」がマジに、思い通りに成功なのか否かの問題。「おお、今回もまぐれ的大成功したゾ、目出度しめでたし」…ではマズいっしょ。日本海の、排他的経済水域に落下しているのが実はたまたまで…「やばい!今回のは制御利かねえ〜。富山の原発あたりに着弾しちまう!」なんてことになったら…。
 米がどう騒ごうともatomic bomb放棄はありえない(人に云う前に自前のを棄てろ)のだから、このままの膠着状況は当分続く覚悟が必要だろう。となれば、せめて「狙った場所へ着水」がきっちりできるだけの精度は確保してほしいと思うだけ…。


posted by denny_0980 at 09:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レプリカ・ジャージ

https://www.mitchellandness.com/george-brett-1985-authentic-jersey-kansas-city-royals
85年のブレット!
250かぁ〜高いよなあ、しかし欲しいわ。しかしなぜブレットがボー・ジャクソンより25ダウン?

posted by denny_0980 at 09:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

denny's drums

デザイン仕事をしていて、特にCDワーク…欧文表記が多い。
英米アーティスト/曲ならば当然だし、逆に「アイ・マスト・ハヴ・ビーン…」なんてカナ表記はおかしいと思う。
しかし、日本人名も欧文表記、おかしいねえ。まず誰だか判りにくい。漢字がないので同名異人の区別がつかない。表記に無理がある_たとえば、Junichi / Kenichi / Yokoo / Date ... など。純一は「ジュニチ」か? 横尾は「ヨクー」か、伊達は「デイト」か??
英語の箇所は英語で、日本語は日本語で:
package design by 横尾賢一
CD remastering by 伊達秀一
とかね。これが真っ当ではないか。CD仕事ももう30年になるのだが、最初の頃はこのような表記でと提案を続けていた。が、ことごとく否定…お約束的に「英語大好き」業界なのだ。
もしも当方が和田マコトのようなデザイン界の大先生であったなら、意見は通ったかもしれないが、残念ながらそんな権威はないのだった。なのですっかり諦めてます。お約束どおりに名前も英文表記してますワ。
ならばせめて自分だけでも何とかしたい…と思って2〜3年前から「 denny-0980」に。
欧文縛りだが okuyama kazunori は文字数多すぎが気に入らない。極力短くする。denny は昔から使っていて、われらがビーチボーイズのデニス・ウィルソンからなのだ。0980 は、オー・ク・ヤ・マ(ル)のつもり。

posted by denny_0980 at 22:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

Looks like

ストーンズは断然ミック・テイラー期、なんだが。アルバムとして『黒青』好きなのでこの頃は次点。"hand of fate" "fool to cry" はやっぱりいいねえ。ここではビリー・プレストン参加で倍加。
それにしても"hand of fate" のリードを弾くウッディの心持ちはいかに。本チャンでは wayne perkins 取られただろうから…。
この時期を勝手ながら「ミック・ジャガー、カーリー・サイモン期」と呼ぶ。髪型と口のデカさからそう見える。じゃなくて…カーリー・サイモンがミック・ジャガーに見える、だろうが_当方的にはこれでいいのだ、「カーリー・サイモン期」。

The Old Grey Whistle Test-Unreleased Clips 1973-1982 #2
https://youtu.be/kIjsDSrf7uY

posted by denny_0980 at 15:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

gatefold 中だけ

LOOK INSIDE 更新。http://denny-inside.seesaa.net
こうしてみるとやっぱり米盤が大半、英盤の少ないことよ。距離からして日本までの運賃が高かったこともあるだろうし、需要も…わざわざUK盤をという拘りは70年代にはごくごく一部の人間だっただろう。なにしろ高値だった。いまではやはりUKアーティストは本国盤が欲しいと思うが。ただし、前にも書いたがどちらが「本国盤」なのかは難しい。たとえばジョン・レノン、デイヴ・メイスン。拠点を米に移してからの盤はどう? そしてロッド・スチュワート。この人の盤は『atlantic crossing』の前から&ト盤がオリジナルなのだ。なぜと言って、ソロでは US Mercury 契約シンガーであったから。ジャケットのデザインも制作もアメリカの会社だった。

posted by denny_0980 at 14:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

千三

先週だったかバクモンのラジオにせんだみつおがゲスト、いや面白かった。
二世がゲーノー人になってる? 本人はしばらくTVから消えたような印象であったが、さてじわじわと盛り返している…のかねぇ。
 この人を、あれは15、6年も前だと思うけど、池袋のロサ会館前に「立っている」姿を見たことがあった。ヒサロ焼けなのか真っ黒な顔に黒いスーツ…夕暮れのなかで真っ黒で一人、タイピンか何かが金色に光っていて…。なんでここでその格好?、場所が場所だけに、こりゃTVで見なくなったと思ったらダークサイドへ片足入れちゃったのか?と、正直、ヤバいところ見ちゃったな感…だったが、そりゃ考えすぎか。

posted by denny_0980 at 15:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

シモ&サイ

仕事しながらよく聞くラジオ、タブレット純の番組。
下田逸郎<踊り子>がかかった。その後で_「下田逸郎さんのデビューは浜口庫之助先生門下で、パーカッションの斉藤ノブさんとのデュオ、シモンサイ…<モーニングサービス>という曲だそうですが、このレコード探してるんですよねぇ、まだ聴いたことがなくて…」と。
 ん?CD化されてないの? このシングル持っている。兄キが買った盤だがいまは手元にある。ただジャケ・スリーヴがなくなったので盤のみ。これ、表もいいけど裏面<霧が深いよ>のほうがいいのだな。
 ネチってみるに…<演奏:石川晶、江藤勲、柳田ヒロ、水谷公生、宮沢明>ですか、なるほどねぇ。当時のトップ・スタジオ・ミュージシャンがバックということか。このメンツはまんま日本版『HAIR』サントラLPでしょう。というか、ステージでも生で演奏していたという…。シングルとほぼ同時期の舞台。

日本版『ヘアー』、キャンティの川添象郎プロデュースで加橋かつみが出てた…芸能人が大麻で捕まったほぼ最初の事件では。後ガロになるボーカル/マークや小坂忠が出ていたことは有名だが、ウィキによれば、ユーミンのニックネームをつけたシー・ユー・チェン、Far Out の宮下文夫、奥田某の奥さんの安藤和津まででていた…驚く。
 宮下文夫の妹で、ジャニーズ時代のトシちゃん曲の歌詞を書いていた美人作詞家…雑誌に出ていた顔を急に思い出したが以後の活動を知らない、どうしたかな。


しもさい.jpg
posted by denny_0980 at 12:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

memphis TN 74


https://youtu.be/hPewUfVNWYk

誰かが、こりゃreurn to forever だ…と言ったが、アグレッシヴにしてプログレッシヴな「バンド時代の最後の」ライヴツアー1974。
「ボストン・ラグ」でのスカンクのバカ弾き、「do it again」ではデニー・ダイアスが本領発揮、ポーカロ/ホッダーのダブルドラム、…SDは最強のライヴバンドでもあったのだ。ああこの時代を観たかった。

posted by denny_0980 at 21:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

藝術の秋

http://pillarart.com/index.html
長男チームは準グランプリということで残った三作品のひとつ、なのでクリスマスまでそのまま汐留地下に展示されるとのこと。
明日から学祭なので、上野の山へ行ってみるッス。

posted by denny_0980 at 13:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そのまんまスパム

なんか腹立つノリ(元巨人監督)。「メール」のこと。
スパムで、最近やらた来るのは差出人「apple」からの。
たまに ebay から盤を買うのだが、それに乗じてやはり「ebay」からのスパムも来る。
欺しの常套手段だろうが、開けそうになる_正規・不正規判別がはなはだ難しく、ほんと頭にきますわなあ。

posted by denny_0980 at 08:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

いいディスコ

ここ半年ほどで見つけた/当時は聴いていなかった_いい曲2曲。
どちらも「ディスコ」範疇だろうか、いいものはいい。

ミディアムのタム打ち曲はもうたまらん!、ツボ中のツボ。
ジョッコは、Sha Na Na のドラマーなんだけど…詳しいことはあっちにそのうち書きますワ、スティーリー・ダンのネタのなかで。



どディスコ…だわね。ポインター姉妹から独り立ちしたボニーの、これはモータウンからのヒット。ベースもいいがギターが気持ちよすぎ。ファンカデリックのエディ・ヘイゼルなんですと。




posted by denny_0980 at 17:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

メロ志向

http://www.billboard-japan.com/special/detail/2053

これはなかなかに面白い対談。「アート・オブ・ノイズの魅力語り」。だれかと思ったらまりんじゃないの。
 スタジオ・ワークにはすごく興味ある口なんだがミュージシャンでもなく、実際はまったく知りませぬ。ここでのフェアライトや AKAI のサンプラーやサンプリング・レートの話にはついて行けないが、それでもアート・オブ・ノイズのひらめき≠ェ衝撃的であったことはなんとなく分かるし、クラフトワークが活動を揺るがされる存在であったというのは驚いた。

やはり音楽制作の現場とはまったく関係ないところに自分はいる、単にいちリスナーであるな〜と逆に実感した。当方にとってはメロディがすべて。切り口がどんなに斬新であっても/かっこよくても、曲(メロディ)に魅力がなければ追う気にはならない。アート・オブ・ノイズは曲がつまらないのだ。対しクラフトワークは「曲が抜群」なのだがねぇ個人的には。
 ひらめき勝負のローファイ感ではフライング・リザーズなどは面白かった。それはカヴァー元がモータウンやJB楽曲であったからだろう。DEVOも、mongoloid, jocko homo, beautiful world など「いい曲」なんだなこれが。

++++

この対談はビルボード・ジャパンなんでしょ、お仕事サイトなんだからもうちょっと校正をしっかりやってほしいもの。(自分のブログ・サイトは誤字脱字だらけなんだがあまり直してない。個人サイトはそれでいいと思っている。というか、個人のネットはかくも適当≠ネモンと皆が思うべきだし)

そうですね。クラフトワークも「他の人は良いから、自分たちの好きなようにやろうよ」って考えてやれたっていうのは、すごかったなと思いますね。

「いい」でしょう、「良い」では意味が変わってますヨ。

posted by denny_0980 at 17:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする