2017年09月21日

denny's drums

デザイン仕事をしていて、特にCDワーク…欧文表記が多い。
英米アーティスト/曲ならば当然だし、逆に「アイ・マスト・ハヴ・ビーン…」なんてカナ表記はおかしいと思う。
しかし、日本人名も欧文表記、おかしいねえ。まず誰だか判りにくい。漢字がないので同名異人の区別がつかない。表記に無理がある_たとえば、Junichi / Kenichi / Yokoo / Date ... など。純一は「ジュニチ」か? 横尾は「ヨクー」か、伊達は「デイト」か??
英語の箇所は英語で、日本語は日本語で:
package design by 横尾賢一
CD remastering by 伊達秀一
とかね。これが真っ当ではないか。CD仕事ももう30年になるのだが、最初の頃はこのような表記でと提案を続けていた。が、ことごとく否定…お約束的に「英語大好き」業界なのだ。
もしも当方が和田マコトのようなデザイン界の大先生であったなら、意見は通ったかもしれないが、残念ながらそんな権威はないのだった。なのですっかり諦めてます。お約束どおりに名前も英文表記してますワ。
ならばせめて自分だけでも何とかしたい…と思って2〜3年前から「 denny-0980」に。
欧文縛りだが okuyama kazunori は文字数多すぎが気に入らない。極力短くする。denny は昔から使っていて、われらがビーチボーイズのデニス・ウィルソンからなのだ。0980 は、オー・ク・ヤ・マ(ル)のつもり。

posted by denny_0980 at 22:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

Looks like

ストーンズは断然ミック・テイラー期、なんだが。アルバムとして『黒青』好きなのでこの頃は次点。"hand of fate" "fool to cry" はやっぱりいいねえ。ここではビリー・プレストン参加で倍加。
それにしても"hand of fate" のリードを弾くウッディの心持ちはいかに。本チャンでは wayne perkins 取られただろうから…。
この時期を勝手ながら「ミック・ジャガー、カーリー・サイモン期」と呼ぶ。髪型と口のデカさからそう見える。じゃなくて…カーリー・サイモンがミック・ジャガーに見える、だろうが_当方的にはこれでいいのだ、「カーリー・サイモン期」。

The Old Grey Whistle Test-Unreleased Clips 1973-1982 #2
https://youtu.be/kIjsDSrf7uY

posted by denny_0980 at 15:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

gatefold 中だけ

LOOK INSIDE 更新。http://denny-inside.seesaa.net
こうしてみるとやっぱり米盤が大半、英盤の少ないことよ。距離からして日本までの運賃が高かったこともあるだろうし、需要も…わざわざUK盤をという拘りは70年代にはごくごく一部の人間だっただろう。なにしろ高値だった。いまではやはりUKアーティストは本国盤が欲しいと思うが。ただし、前にも書いたがどちらが「本国盤」なのかは難しい。たとえばジョン・レノン、デイヴ・メイスン。拠点を米に移してからの盤はどう? そしてロッド・スチュワート。この人の盤は『atlantic crossing』の前から&ト盤がオリジナルなのだ。なぜと言って、ソロでは US Mercury 契約シンガーであったから。ジャケットのデザインも制作もアメリカの会社だった。

posted by denny_0980 at 14:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

千三

先週だったかバクモンのラジオにせんだみつおがゲスト、いや面白かった。
二世がゲーノー人になってる? 本人はしばらくTVから消えたような印象であったが、さてじわじわと盛り返している…のかねぇ。
 この人を、あれは15、6年も前だと思うけど、池袋のロサ会館前に「立っている」姿を見たことがあった。ヒサロ焼けなのか真っ黒な顔に黒いスーツ…夕暮れのなかで真っ黒で一人、タイピンか何かが金色に光っていて…。なんでここでその格好?、場所が場所だけに、こりゃTVで見なくなったと思ったらダークサイドへ片足入れちゃったのか?と、正直、ヤバいところ見ちゃったな感…だったが、そりゃ考えすぎか。

posted by denny_0980 at 15:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

シモ&サイ

仕事しながらよく聞くラジオ、タブレット純の番組。
下田逸郎<踊り子>がかかった。その後で_「下田逸郎さんのデビューは浜口庫之助先生門下で、パーカッションの斉藤ノブさんとのデュオ、シモンサイ…<モーニングサービス>という曲だそうですが、このレコード探してるんですよねぇ、まだ聴いたことがなくて…」と。
 ん?CD化されてないの? このシングル持っている。兄キが買った盤だがいまは手元にある。ただジャケ・スリーヴがなくなったので盤のみ。これ、表もいいけど裏面<霧が深いよ>のほうがいいのだな。
 ネチってみるに…<演奏:石川晶、江藤勲、柳田ヒロ、水谷公生、宮沢明>ですか、なるほどねぇ。当時のトップ・スタジオ・ミュージシャンがバックということか。このメンツはまんま日本版『HAIR』サントラLPでしょう。というか、ステージでも生で演奏していたという…。シングルとほぼ同時期の舞台。

日本版『ヘアー』、キャンティの川添象郎プロデュースで加橋かつみが出てた…芸能人が大麻で捕まったほぼ最初の事件では。後ガロになるボーカル/マークや小坂忠が出ていたことは有名だが、ウィキによれば、ユーミンのニックネームをつけたシー・ユー・チェン、Far Out の宮下文夫、奥田某の奥さんの安藤和津まででていた…驚く。
 宮下文夫の妹で、ジャニーズ時代のトシちゃん曲の歌詞を書いていた美人作詞家…雑誌に出ていた顔を急に思い出したが以後の活動を知らない、どうしたかな。


しもさい.jpg
posted by denny_0980 at 12:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

memphis TN 74


https://youtu.be/hPewUfVNWYk

誰かが、こりゃreurn to forever だ…と言ったが、アグレッシヴにしてプログレッシヴな「バンド時代の最後の」ライヴツアー1974。
「ボストン・ラグ」でのスカンクのバカ弾き、「do it again」ではデニー・ダイアスが本領発揮、ポーカロ/ホッダーのダブルドラム、…SDは最強のライヴバンドでもあったのだ。ああこの時代を観たかった。

posted by denny_0980 at 21:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

藝術の秋

http://pillarart.com/index.html
長男チームは準グランプリということで残った三作品のひとつ、なのでクリスマスまでそのまま汐留地下に展示されるとのこと。
明日から学祭なので、上野の山へ行ってみるッス。

posted by denny_0980 at 13:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そのまんまスパム

なんか腹立つノリ(元巨人監督)。「メール」のこと。
スパムで、最近やらた来るのは差出人「apple」からの。
たまに ebay から盤を買うのだが、それに乗じてやはり「ebay」からのスパムも来る。
欺しの常套手段だろうが、開けそうになる_正規・不正規判別がはなはだ難しく、ほんと頭にきますわなあ。

posted by denny_0980 at 08:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

いいディスコ

ここ半年ほどで見つけた/当時は聴いていなかった_いい曲2曲。
どちらも「ディスコ」範疇だろうか、いいものはいい。

ミディアムのタム打ち曲はもうたまらん!、ツボ中のツボ。
ジョッコは、Sha Na Na のドラマーなんだけど…詳しいことはあっちにそのうち書きますワ、スティーリー・ダンのネタのなかで。



どディスコ…だわね。ポインター姉妹から独り立ちしたボニーの、これはモータウンからのヒット。ベースもいいがギターが気持ちよすぎ。ファンカデリックのエディ・ヘイゼルなんですと。




posted by denny_0980 at 17:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

メロ志向

http://www.billboard-japan.com/special/detail/2053

これはなかなかに面白い対談。「アート・オブ・ノイズの魅力語り」。だれかと思ったらまりんじゃないの。
 スタジオ・ワークにはすごく興味ある口なんだがミュージシャンでもなく、実際はまったく知りませぬ。ここでのフェアライトや AKAI のサンプラーやサンプリング・レートの話にはついて行けないが、それでもアート・オブ・ノイズのひらめき≠ェ衝撃的であったことはなんとなく分かるし、クラフトワークが活動を揺るがされる存在であったというのは驚いた。

やはり音楽制作の現場とはまったく関係ないところに自分はいる、単にいちリスナーであるな〜と逆に実感した。当方にとってはメロディがすべて。切り口がどんなに斬新であっても/かっこよくても、曲(メロディ)に魅力がなければ追う気にはならない。アート・オブ・ノイズは曲がつまらないのだ。対しクラフトワークは「曲が抜群」なのだがねぇ個人的には。
 ひらめき勝負のローファイ感ではフライング・リザーズなどは面白かった。それはカヴァー元がモータウンやJB楽曲であったからだろう。DEVOも、mongoloid, jocko homo, beautiful world など「いい曲」なんだなこれが。

++++

この対談はビルボード・ジャパンなんでしょ、お仕事サイトなんだからもうちょっと校正をしっかりやってほしいもの。(自分のブログ・サイトは誤字脱字だらけなんだがあまり直してない。個人サイトはそれでいいと思っている。というか、個人のネットはかくも適当≠ネモンと皆が思うべきだし)

そうですね。クラフトワークも「他の人は良いから、自分たちの好きなようにやろうよ」って考えてやれたっていうのは、すごかったなと思いますね。

「いい」でしょう、「良い」では意味が変わってますヨ。

posted by denny_0980 at 17:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

letter from love man

「瀕死の双六問屋」清志郎本、文庫で読む。
「ブラック・サバスが<部落差別>に聞こえる…」なんて話あった? 初めて聞いたがたしかに、空耳。「ヤクザのことをヤっちゃんと言ってみたり、SEXのことをエッチと言うようになった」_世の中が軽くなったと嘆いているがこれは分かる。
「思いつくままに曲をかいたり絵をかいたり字をかいたりマスをかいたり背中をかいたり恥をかいたり、色々かいてるのさ」。独特の言語感覚というか、やっぱり清志郎はおもしろいなあ。
「いろいろな手紙が来た。実は俺はその全ての手紙を読んだ。返事は書かなかった。今までにどれくらい手紙を読んだだろう。若くて独身の頃には週にダンボール箱が5、6箱、なかはすべて手紙だった。俺は全部、読んだ。…」。返事は書かなかったとあるが、はて何通返信しただろう…少なくとも1通はウチに来た。兄キが出した手紙の返事は、昭和47年11月、国分寺の消印。内容はまえにブログに載せたから。見てない?_そりゃ残念。
文庫のなかに、ジェームス・ブラウンに会って、おまえは Soul Brother だ!と言われたとあるが、この手紙のなかで兄キは「君はラブ・マンです。そして、ぼくらもそうです…」と清志郎からお墨付きを。もちろんオーティスの…。
https://youtu.be/b0xrxO6HlhI

きよしレター.jpg

posted by denny_0980 at 08:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

ready go

上空飛ばされるの初めてじゃないのにこの騒ぎ方。全マスコミがアベちゃんのウハ右派防衛強化論≠ノ同調してど〜すんのかね。
あの国の位置をみれば、ロシアや中国方向は海ないんだから、試し打ちは太平洋しかないでしょ。となればその手前にある国は無視してやるっきゃないという腹だろう。今後は2〜3カ月に1度は頭の上飛ばされ、この騒ぎだろうな。そのたびに、どのようなバカ殿に顔が変わろうとも米国親分へご注進_「隣のクラスのヤンキーがあばれて参ってますわ、シバイたってくださいよぅ〜」の繰り返しか。
電車止まったりで迷惑千万だが、なすすべ無しの「手前の国」かな、いと悲し。

posted by denny_0980 at 10:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

製造拠点

SONYのミラーレス一眼カメラを買った。セットレンズのズームは当然安価な暗いレンズ…なので別売りの単焦点を1本同時に買う。35mm/F1.8 。
メーカー希望小売価格は¥53,000となっている物、実売は¥40,000前後。レンズ1本でこれだからそれなりの価格。なのに、made in china とある。
驚くねぇ、レンズ光学精密機器なのに…天下のソニーをしても国内生産でないとは。アメリカの産業空洞化の激しさは、made in USA 世代としてかつてのアイテムがほぼすべて国外生産になっていることに驚かされてばかりだが、こりゃ日本もそうとうヤバいところへ来てますなあ。



posted by denny_0980 at 22:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

本音

ウチはトーキョー新聞、祖母ちゃん宅はヨミウリ。ヨミウリ、あべセーケン御用達新聞は右化激しく、Leftyトーキョーとは対極。となれば両極の中間に真があると考えればよい…か?
 ヨミウリ、下四段で月刊ハナダと月刊うぃるの広告掲載。極右内紛両誌も言っていること一緒。TOKIO新聞には絶対載らない広告の、その見出しはもちろんあべchanバンザイ/イシバの悪口、アサヒよ沈め_などなど。それを読むにつけ…ヨミウリは「ここにオレらの言いたいことは全部あっから、本文はもう読まんでえぇよ」が本音なんじゃね〜の? 「あとは、スポーツ欄の巨人情報だけでいいし」とかね。

posted by denny_0980 at 17:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

ゆっくりしてけね

新聞に、隔週ぐらいだろうか、別折り付録が付いている。料理やら旅記事で、そこにJR飯田線が書かれていた。愛知、静岡、長野の三県を走る全長196キロメートル、日本一長いローカル線…でしたか、「地元」なのにそこまで知らなかった。豊橋から辰野まで/辰野から豊橋まで、時間にして約6時間半ねぇ、こりゃ長いわねえ。
 前にも書いたが、いまでは秘境駅宝庫として鉄ちゃん人気も高い飯田線。その、豊橋から2時間ちょっと北上した「浦川」という駅の町(静岡県浜松市天竜区佐久間町浦川)が父親母親両方の実家がある田舎。父方奥山家/母方根家。NHK大河ドラマに、直虎の部下に奥山某がいて根城も出てくる_舞台となっている奥三河なのでかなり親しみ持って観ていたりする。
 10才ごろまで毎夏を過ごした田舎ではあるが、その飯田線で浦川より先はほとんど行っていない。長野へは入ったことがないな。豊橋から浦川まででもかなりの旅気分だがそれでも全行程の三分の一であったか。1度ぐらいは最後まで行ってみるか…。

新聞付録の記事で意外なことを知る。豊橋から1時間半ほどで湯谷という温泉が。「湯谷温泉」駅がある。ここへ、忌野清志郎が湯治に足繁く通っていたという。なるほどネチってみれば事実で、今年の4月にはメモリアルのライヴが同飯田線長篠の広場で金子マリやら有名ミュージシャン集まって開かれた様子。「都下の人」国立の清志郎がなにゆえ飯田線であったか、ドラゴンズ・ファンだったからその関係か? ちょうど清志郎の文庫本を読んでいたところにこの記事、個人的にタイムリーな一致。


浦川駅1.jpg

posted by denny_0980 at 07:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

forgotten

「カラーに口紅」、コニー・フランシス。訳詞・邦題はやっぱり漣御大? そっちが先、もちろん_歌ったのは弘田三枝子か九重由美子か、ガキだったんで定かでない。が、ずっと「変」と思っていた。「カラーの口紅」なら分かる。いや分からないか、色のついていない口紅などないし。それでも、カラーときたら color でしょ。それしか浮かばなかったヨ。襟の「カラー」だなんてずっと分からなかった。
分からないといえば、いまだ違和感の曲_赤い鳥「忘れていた朝」。
歌い出しの♪忘れた〜朝を〜
なんで「忘れていた〜朝〜」と始まらない?
2コーラス目も、♪忘れた〜心〜 なんで? 
結局「忘れていた朝」は歌詞にないし。すげ〜変な感じ、もどかしいような違和感が拭えないまま。かたくなにこのタイトルを押した意味が分からない。「心を忘れた朝」とかにすればよかったのに。

posted by denny_0980 at 09:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こだわり

数日前の新聞コラム_。Japan が海外でもブームだが「(食に関して)世界で繁盛している日系店、多くは日本人経営ではない」、日本に留学経験のある中国人等々という。それは「メニューは地元の人が慣れ親しんだ食べ物に少しだけ変化を加えるにとどまる」というキーポイントを日本人は…「日本のこだわりの味をそのまま現地に押しつける傾向がある」からと。なるほど、アボガドが巻いてあってもチーズだろうと、それでも立派な寿司≠ニいえる度量が試されるのか。邪道/外道の概念を取っ払えば世界は welcome、すべて happy... てか。
 スポーツでも言えそう。まあこの伝で日本柔道は、柔の心たる白着(相手に対する潔白な心を体現)を…「どっちがどっちか分かんねえから片方は青にしたほうがいんじゃね?」との考えられない世界からの提案をすんなり受け入れか。ひたすらオリンピックでのメダル狂奔という愚が醜いという意識がないのだな。たいした度量だ。
 すべての競技はオリンピック・サイズへの変更をよしとする度量を見せよう、わが柔道界のように。それは、(主に欧米の)TVの前でポテチ食ってビール飲んでるブタ体型の王様≠飽きさせないこと。野球は長すぎるから7回締めでいんじゃね? ストライクふたつで二振アウト、ボールは三つで歩けばいんじゃね? テニスのサーブ、1球でいいっしょ…。


posted by denny_0980 at 08:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

駅名未定

昨日、山手線に乗っていて驚いたのが田町ー品川間。なんだ?この広大はスペースは?と。前はどうなっていたっけ?の疑問。車両がやけに見えたが、操作場は汐留でそれは跡地開発されただろう、ここは何か。疑問のまま今朝になってネットで納得、そうか「新駅」計画であったなと。
「西日暮里」以来の山手線新駅だっけね。西日暮里ができた時も覚えているワ。

posted by denny_0980 at 08:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Last Udon

昨日撮影。まずは「博物館動物園」駅跡。上野公園の外れのこれ、国会議事堂の元? 風格があるというか、洋風建築の基礎という趣がじつにいい。よくいままで残ったもの。しかしここまで残れば先もずっと残されるんじゃないのか。定期的に見に行きたくなる建造物、小さいけど。
 もうひとつはお馴染みの「最後うどん」、…と変換されてしまった「西郷どん」。上野恩賜公園のシンボル。久しぶりにまじまじと見上げた。

hakubutu.jpg hakubutu2.jpg ueno_saigoh.jpg

posted by denny_0980 at 06:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

サーカスにはピエロが

子供連ればかりのなかに紛れる、カミさんとふたりで、ロシア国立ボリショイサーカスを鑑賞ス。ガキんときの記憶が薄いタチなんではっきりしないが、いままで一度もサーカスは見ていない。「サーカス観ずに死んでいいのか?」自問_で、チケットをネットで購入。
 この5月、100年を越す歴史のアメリカの代表的なリングリング・サーカスが終了のニュース。動物愛護団体からの批判・抗議も要因。ですわ、世界のサーカスは風前の灯火なのだ。その思いから1度観ておかねばと痛感。
 ボリショイサーカス、象もライオンもなし。最大獣は熊、それと六頭の馬だった。楽しかった。花形は空中ブランド、暗転毎には道化師、犬のショウよりも驚いたのは猫のショウ。こんなに調教≠ナきるものかと。
 終了後に会場のそとに…いましたヨ、立て看でちらし配りする動物愛護シンパ衆。「サーカスとはこんなにも動物を虐待するのだ」と。お題目にまったく反対という当方ではないのだが、そのエキセントリックな態度には暗い気分にさせられる。ネットで主張するなり、別のやり方があるんじゃね?
 とはいえ世界の趨勢か、じきにイルカショウも無くなるだろう、動物園すら危ないかも。競馬ってのは抗議しないのかねえ。あれも走ることだけに特化した、まさに調教でしょう。人格ならぬ馬格を否定してやいないか。

+++++

久しぶりに都会に出て、やはり痛感するエスカレーターのこと、「片側開け」。なぜ根絶せなんだ? 駆け上がりたいエゴイストがなぜに大手を振るう? 誰にメリットがあるのだろう、膨大なロスが生じているではないか。急ぎたい奴は階段を走れ。階段無ければ一本早い電車に乗れなかった自分自身を叱責し続けていろ、てなもんだがなぁ。
 たぶん戦争になれば大人しく徴兵を受け入れる従順さ/優しさにあふれるニッポン人だから、政府主導で半年も「片側開けるな!キャンペーン」打つだけで、なんで開けたりしてたんだっけ?となりまさ〜ねきっと。

posted by denny_0980 at 10:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする